お寺について | 岐阜県岐阜市の永代供養 | 鏡島弘法乙津寺

お寺について

乙津寺について

国指定重要文化財の3躯があるお寺

木造十一面
千手観音菩薩立像
国の重要文化財に指定されている観音様、1200年以上の時を経て現存している。
木造毘沙門天立像
1000年以上前の時を経た、りりしい表情の毘沙門天像。
木造韋駄天立像
足の速い神様としてしられる韋駄天の像。およそ800年前、鎌倉時代の作。

乙津寺にできること

永代供養のあれこれ
法要
涅槃の霊廟は豊かな緑に囲まれます。自然の空気が満ち景色も良い場所で、愛する思いと感謝を込めて、皆様と一緒に月例供養会を行います。たくさんの方が集う霊廟は寂しさを感じません。お寺が永代にわたり供養します。ご自由にご参加いただくことができます。
永代供養のあれこれ
先祖供養
先祖供養とは自分自身の「いのちのルーツ」に感謝する行為です。
永代供養のあれこれ
安産祈願
妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って行うものです。体調の良い時に、道中気をつけてお越し下さい。
永代供養のあれこれ
健康祈願
日々健康に息災に過ごせますように、今現在病気にかかっているわけではないけれど、何かと病気がちな方、またご自分の健康に自信がない方、いたって健康だがこのまま健康を維持し続けたい方にご祈祷させていただきます。
永代供養のあれこれ
交通安全祈願
お車やオートバイなどを新しくご購入された際や、日頃から運転に関わるお仕事をされている方など、日々の交通安全をお祈りさせていただきます。
永代供養のあれこれ
人形供養
大切にされてきた人形とお別れする際の、お精根抜きの供養です。
古くなってしまったからといってただ捨ててしまったり、処分するのではなく、古くなってしまった人形、ぬいぐるみ、おもちゃや玩具へ感謝の思いを込め供養しましょう。
永代供養のあれこれ
納骨

葬儀にて火葬を行った後の遺骨は、お墓などへ納骨されて供養を進めていきます。納骨の時期については、地方の慣習によって異なります。

すでにお墓をお持ちであれば、四十九日の法要と合わせて納骨を行う事が多いです。四十九日は故人様の行き先が決定する日であり、とりわけ重要と言われています。お墓がない場合は、百箇日、一周忌等の法要に合わせてお墓を手配して納骨を行います。通常、遅くても三回忌までには納骨を済ませます。

境内地図

境内地図

お問い合わせはお気軽にこちらまで

Information

鏡島弘法(かがしまこうぼう)
〒501-0124
岐阜県岐阜市鏡島中2丁目8番1号

少子化・核家族化・高齢化社会への現代の変化にともない、「永代供養墓」が望まれるようになりました。お墓についてお悩みをお持ちの方は、岐阜にある乙津寺で永代供養を利用してみませんか?
年中無休ですのでいつでもご見学していただけます。

  • 058-252-2062
  • mailform

pagetop